先日、内臓アプローチを教えてほしいという依頼をいただき、理学療法士・作業療法士の方向けのセミナーを富士市で開催しました。

リハビリといってもたくさんの手技があり、勤務先や患者様によってもセラピストによって違います。私がこのアプローチに出会ったのは数年前。初めて施術を受けた時の体の軽さ・痛みの軽減に感動して、「これやってあげたい!」と思ったたことがきっかけです。

なんといっても、無痛でできるし、気持ちいい♡自然と体を使えるようになる!痛みだけでなくて、自律神経や、婦人科系や内科な的悩みまで対応できることがメリットだと思います(注:婦人科疾患・内科的疾患が治癒するものではありません)。

ただ、少なくとも私は施術した日は夜よく眠れるし、便秘も改善。生理痛も軽くなりました。施術の後走ったら、体の軽さがよく分かりました。太ももがよくあがるので笑。

サロンに来店されるお客様も更年期症状が軽くなった・眠れるようになった・お通じがよくなった・口内炎ができなくなった・肋骨が前にでなくなったなどのお声もいただいています☆

さて、今回のセラピストの方々は、全員20代。皆さん勉強熱心で学んでいました☆

それにしても、まあ体の硬いこと!!この私の顔を見れば一目瞭然だと思います笑

みなさん疲れもたまっていろいろ抱えてるのね。全然腕が上がらない・・・。

でも以外とセラピストは疲れている人が多いのが現状ですね。

私も含めてですが・・・。相手に触れるお仕事なので、セラピストが体のメンテナンスすることはとってっも大事です。

 

私のセミナーは少人数制でやらせてもらいます。内臓アプローチは何より手のタッチと、セラピストのイメージや意識が大事なので。

見てるだけだと、何をやっているのかわからない。見よう見まねで「これでいいのかなぁ?」と不安に思いながらやるのと、「こうだ!」と自信をもってやるのでは効果に違いがでます。

一人一人がちゃんと一つ一つの臓器を体験しながら、私が何を考えて施術をしているのかを伝えながら実技練習をします。わからなければその場で確認をする。

どうせ勉強するなら、落とし込んでもらい、患者様に還元してほしいので(^^♪

最初はタッチがぎこちなかった皆さん。終わるころにはコツをつかみ、手の感じが違っていました。このタッチができるようになると、ほかの手技や評価の時にも患者様に与える印象が変わります。

リハビリでは、自分の手技に合わせて使えるし、内臓を通して筋骨格系にアプローチできるので、自分の幅が広がること間違いなしです!

今回のセラピストの皆さんも、自分の体が柔らかく軽くなって、お帰りになりました。次の日から臨床にも活かしてくれているようです☆

これから少しづつ富士市でセミナー開催していきます。

 今後の予定

12/23 満員御礼

1/6 満員御礼

※1月以降はまた更新します。ご興味のあるセラピストの皆さん、個別にご相談にものります☆お気軽にメッセージをどうぞ(^^♪