昨日は、セラピスト向け内臓セミナー2回目でした☆今回から私のサロンで開催♪

生理学・解剖学を勉強し、実技もやりました。実技では「どのくらいのタッチでやればいいの???」とか「いつまで触ればいいの???」など実際にやると疑問がでてきます。

私たちは身体に触れる仕事なので「タッチ」って非常に重要なポイントです。

特に内臓アプローチはソフトなので、力が入りがちに・・・。しっかりタッチを確認しながら、お互いにフィードバックしつつ練習をしました。

 

今回のテーマは「肝臓」

文字通り、肝となる臓器です。

肝臓って聞いて、ぱっと思い浮かべるイメージは・・・「アルコール」の方がほとんどかなと思います。

確かに、「解毒」をしてくれます。でも、それ以外にもたくさんの働きをしていて、出入りする血液量も多く、実はお酒を飲まなくても疲れやすい臓器なんですね。

 

肝臓の働き方で全身状態も変わります。

右肩の痛みや肩こり・頭痛・目の疲れ・生理痛・イライラなどの症状は肝臓と関連がありますね。

「え?肝臓が?意外!!」と思いますよね。でも内臓も筋肉でできているので疲労すると固くなるんです(´・ω・`)

そうすると、全身は膜でつながっているので肝臓にひっぱられ遠いところがに症状がでてしまうんですね。

慢性的な不調は、症状がでているところ以外が原因のことがほとんどです。

繰り返す肩こり・腰痛でお悩みの女性のあなた、全身を整えてすっきりとした生活を取り戻しませんか?

ボディケアクローバーは女性スタッフがマンツーマンであなたの身体に向き合います🍀

今ならOPEN企画にてキャンペーン実施中☆